国立病院向け医師転職エージェントランキング

眼科医へ転職をお考えの先生へ

国内最大の医療グループである国立病院は、安定して働ける環境もあり医師の転職先として常に人気があります。当サイトでは国立病院への転職に必要な情報をまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

まず国立病院の医師求人を探すなら何と言っても医師転職ドットコムは欠かせません。数ある医師系転職エージェントの中でも抜群の転職成功実績を誇りますのでまずはご登録をオススメします。専任のキャリアコンサルタントと一緒にぜひ希望通りの転職を実現させてください!

眼科医の医師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師転職ドットコムは、医師転職に適した専門サイトです。求人数も、業界最大級の39,480件以上。プレミアム非公開求人もあるので、自分に合った求人を見つけることができるでしょう。現在紹介している求人は、トップページで確認できるのも嬉しいところで、国立病院の募集も見つけられます。随時更新しているので状況を把握しやすいでしょう。専任のコンサルタントもいるので、はじめての方でも安心して転職ができます。

リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
プロが選んだ高収入求人や医師に精通した専任スタッフがいるリクルートドクターズキャリアでは、「自分らしい働き方」を手に入れることができます。たとえば、「もっと年収をアップしたい」「自分のペースで働きたい」など、希望に沿った求人が見つかるのもドクターズキャリアならではです。もちろん、個人情報管理も万全なので安心。実績もあるので失敗する心配がありません。国立病院へ転職したい方はぜひ!

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
常勤・非常勤の医師求人を探すならエムスリーキャリアがおすすめです。30万近い医師会員が利用しており、登録実績は6年連続No.1。コンサルタントおすすめの注目求人も掲載しているので、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。また、国立病院の求人もスムーズに見つけることができます。キャリアアップしたい方、小さなお子さんがいるママさん、ぜひ一度利用してみてください。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビDOCTORでは、豊富な医師求人をはじめ国立病院の求人も取り扱っています。はじめて転職するという方も、医師専任キャリアパートナーもいるので、希望に沿った求人と出会うことができるでしょう。また、ドクター向けのお役立ち情報も掲載。医師の現場の働き方や医師のインタビューなど、リアルな声で転職に役立たせましょう。登録も1分と簡単なので面倒なことが苦手な人でも利用しやすいでしょう。

ドクタービジョン 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ドクタービジョンは、東証一部上場の医師専門転職支援サービスです。高額求人や女性が活躍している求人など、一般の求人ではなかなか見つけられない求人と出会うことができます。また国立病院の求人も掲載していますから、幅広い勤務先を見つけることができるでしょう。地域に根差した医療支援なので、全国各地のお得な医師情報を掲載しています。ドクターズコラムや医師の年収・給与の実態など役に立つ情報も掲載中です。

国立病院の医師になるには?

従来の国立病院は、2004年4月1日から独立行政法人となり、独立行政法人国立病院機構が運営しています。独立行政法人とは、政府が直接実施の必要がない事業のなかで、民間に任せると行われない可能性のある事業を独占的にさせる目的で設立する法人です。そのため、病院の正式名称は、「国立〇△病院」ではなく、国立病院機構「〇〇病院」「☆☆医療センター」となります。

国立病院機構とは、厚生労働省が所管した国立病院・国立療養所(高度専門医療センターとハンセン療養所を除く)の運営を継承した独立行政法人です。現在(2016年4月1日現在)、全国に142病院(5万4663床)、職員数6万1096人(うち、医師数6000人)を有する巨大医療グループです。民間病院と比べ、収入、福利厚生、身分保障、キャリアップなど、総合的にバランスが取れています。特に、救急専門医や小児科医、脳神経外科医などを優遇する病院が多く、採用されやすい診療科目と言えます。

国立病院機構の医師を目指す人は、民間病院との違いを理解する必要があります。大きな違いは民間では採算的にアプローチできないセーフティネット医療(神経・筋難病、筋ジストロフィーや重症心身障害、結核など)の提供です。そのため、国立病院機構で働く医師は非公務員でありながら、公務員と変わらない「みなし公務員」という身分が付与されています。みなし公務員とは職務内容が公務に準じる公益性や公共性を有する職員を指し、公務員の職務代行者と受け止めればよいでしょう。

でありながら、病院経営は税財源ではなく、診療報酬で支えているので、医師にも診療報酬と病院経営の知識が問われます。現在、勤務医は全国に約30万人いますし、毎年3%ずつ増え続けています。しかし、外科医は減っています。外科医不足は深刻です。それは国立病院機構でも同じです。国立病院機構は医局とのコネクションで医師を募集していますが、独自でも医師募集を行っています。まず、国立病院機構のHPで病院と診療科をターゲティングし、病院の庶務課に直接連絡するか、国立病院機構本部総務課に連絡するとよいでしょう。

診療科別医師募集情報によると、内科、小児科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器科、循環器科、外科、整形外科、麻酔科のウォンツが高いです。自身が希望する条件に合った病院が見つかれば、病院長か診療科長に直接メールを送るのも即効性が高いかもしれません。病院サイドの思惑と合致すれば、入局に一歩近づく可能性は十分ありそうです。

国立病院の医師になるメリットは?

国立病院機構の2014年度経常利益トップは、熊本医療センターの9億5225万円です。この利益額のほとんどが本業(医療)で得たものです。国立病院機構の病院は独立採算ですから、病院経営の基本は増収増益です。国立病院機構の医師になるメリットは、国内最大の医療グループであること、そして経営的に安定していることです。

もちろん、公的医療保険の制約下にある病院経営は非営利が前提です。ですが、病院の建替えや医療機器の購入など事業資金はどうするのでしょうか。経営学では、利益を「企業が事業を継続し、発展させる明日の必要コスト」と考えます。親方日の丸は遠い過去の話です。国立病院機構の病院は、その高い収益力が医師の処遇に結び付ています。

医師の年収は独自給与規定に基づいており、目安となる1400万円のうち、240万円が業績年俸です。2018年度診療報酬改定もマイナス改定に終わり、何とも言えませんが、業績が良ければ業績年俸も上がります。その他に、医師手当(勤務地に応じた支給額)など各種手当が充実しているので、民間病院の医師給与と比べても遜色ありません。

何と言っても、全国に拠点を持つ大きな病院ネットワークなので、医師それぞれの経験を相互に活かせる強みがあります。各病院が志向する分野と自分が目指す分野がマッチすれば、より充実した職場環境になることでしょう。また、国立病院機構の医師は、日本の医療の質向上に寄与できる存在です。がんや脳卒中、また急性心筋梗塞や糖尿病の4疾病、救急や災害、へき地に周産期、小児の5事業を軸に、困難な症例と向き合い、最新の医療技術で立ち向かう、それは医療の質向上と標準化に結び付き、診療報酬改定で経済的に評価され、医療界をけん引することになります。

同時に、地域医療の質向上を目的に地域医療連携にも力を入れており、医療機関相互の適切な機能分化、機能連携を推進し、地域連携クリティカルパスを積極的に活用することで、より短期間で、より効果的で、より効率的な医療提供体制の確立にも参画できます。国立病院機構では、「診療」「臨床研究」「教育研修」を3本柱に位置付けているので、医師のスキルアップ・キャリアアップを目指す場としても最適な環境です。もちろん、転勤は全国に及びます。東京の病院から九州の病院に転勤し、数年後には北海道の病院ということもあり得ます。転勤のたびに旅行気分を味わえるのも国立病院機構ならではです。

国立病院の医師求人を「医師転職ドットコム」で検索してみた

メディウェルの運営する医師転職ドットコムで検索してみると、まず医師の求人件数の多さに驚きます。登録求人件数は39,480件以上(公開、非公開求人を合わせた数)あり、高年収や役職付きの非公開求人も10,000件以上に上り、医師紹介会社・業界ナンバーワンです。

転職の時に一番気になるのがいまの職場をどう円満に退職するかですよね。医師転職ドットコムでは円満退職できるようにサポートしてくれます。退職の理由づくりや書面が必要なときには書面づくりのサポートをしてくれるので安心です。また、転職先の医療機関の実際の職場の雰囲気や実情が分かるので、安心して転職することができます。 転職を考える理由が労働条件や職場環境としても、年収アップも狙いたいでしょう。医師転職ドットコムでは平均年収アップ率1.4倍(株式会社メディウェル調査)なのです。これは嬉しいですよね。 医師転職ドットコムを運営しているメディウェルは医療機関の経営コンサルティングを行っているので、採用を行っている医療機関からの信頼も厚く、条件交渉を得意としており、これがメディウェルの強みとなっているのです。

いまの職場の仕事が忙しいと、書類の作成に困ることがあるのではないでしょうか。そんなときも医師転職ドットコムでは各種書類代行をしてくれます。面倒な書類作成や日程の調整などは全てお任せできるので、安心できますよね。 また、転職活動をしていることはいまの職場には黙っておきたいもの。医師転職ドットコムでは面接まで秘密裏に行うことができるので、安心して転職活動を行うことができます。

実際の登録から転職までの一連の流れは以下の通りです。
・無料登録をすると、エージェントから連絡が入ります。登録にかかる時間は1分程度で、サービスは全て無料です。
・エージェントと面談を行い、医師求人の紹介を受けます。
・メールや電話などでエージェントと相談を重ね、応募する職場を検討します。
・履歴書や職務経歴書をエージェントの援助のもと、作成します。
・病院を訪問します。エージェントの同席のもと、人事担当者と面談します。
・待遇を病院に交渉します(エージェントに任せることができます)。
・内定が来たら転職完了です。

このような流れで医師転職ドットコムでは転職活動をすることができます。医師転職ドットコムは満足度が94.7%と高く、転職後もサポートしてくれます。医師の転職活動をフルにサポートしてくれるところが嬉しいですね。

TOP

国立病院の医師の転職の基礎

医師募集情報※北海道・東北

医師募集情報※関東近郊

医師募集情報※中部・北陸

医師募集情報※関西エリア

医師募集情報※四国・九州


Copyright (C) 2018 国立病院向け医師転職エージェントランキング All Rights Reserved.